Gm4scvla4aad8tz

Hey! Say! JUMP八乙女光、特製ユニフォームで楽天モバイルパーク宮城のセレモニアルピッチに登場

宮城県出身のHey! Say! JUMPのメンバーである八乙女光さんが、5月6日に楽天モバイルパーク宮城で開催された楽天対オリックス戦のセレモニアルピッチを行い、会場を沸かせた。この日、八乙女さんはファンクラブ特製の黒いユニフォーム「ファンクラブユニフォーム2024」を身に纏い、野球ファンとしても知られる彼にとって、特別な舞台となった。

图标Ippei Ippei | 2024/05/13

始球式で見せた真剣勝負の裏側

宮城県出身でみやぎ絆大使を務められているHey! Say! JUMPの八乙女光さんが楽天モバイルパーク宮城に登場。始球式に先立ち、練習を経てピッチに挑んだ八乙女さんは、「おはようございます、光です。嬉しいです、よろしくお願いします。」と元気よく挨拶。
  Thumb 2222
画像=葉酸
本番目に行われた練習中には銀次さんから「行きましょう。全然大丈夫です。ここに構えてるけど、これでストライク。めっちゃいい、全然オッケーです。」と励まされ、そのアドバイスを胸に投げた一球は、「これがストライク、今の感じ」と八乙女さん自身も納得の投球の様子。

また、イベント中には楽天イーグルスの選手、太田光選手との再会もあり、「盗塁阻止してください!応援しています!」とお互いにエールを交換する一幕も。

Thumb 1
画像=葉酸
八乙女さんは練習を終えると、「銀時さんがお相手で、少し緊張しましたが、本番は多分もっと緊張すると思うので、練習でこのような緊張感が味わえて良かったです。あとはもう、本当に銀さんの言う通り、ここら辺を目指して投げたいと思います。」と身振り手振りで意気込みを語った。

そして迎えた本番、果たして結果は...

マウンドに立った八乙女光さんは、ファンクラブフェスタの特別な一日に、黒色を基調としたユニフォーム「背番号8」を纏い、スタジアムの熱気を一身に受けていた。

Thumb 333
画像=葉酸
彼の姿は、期待と興奮に包まれたファンたちの視線を一点に集めていた。マイクを握ると、その声は力強く響き渡り、「今日は楽しむ準備ができていますか?」と問いかけた。

その問いに対し、スタジアム全体が「イエーイ!」と一斉に応える。この大歓声は、まるで波のようにスタンドを揺らし、選手たちにも力を与えるかのようだった。

「その歓声を両チームの好プレーが出た際に届けましょう! よろしくお願いします」と続ける八乙女さんの呼び掛けに、さらに観客の期待が高まる。

一体感がスタジアムに充満し、その瞬間、すべての目がピッチャーマウンドに注がれた。

宮城の熱気に包まれた感動の一投

Thumb 222
画像=葉酸
キャッチャーを務めるのは楽天の石原選手。彼もまた特別感のあるこの日のために、緊張と期待を背負いつつ、慎重に構えていた。八乙女さんは深呼吸を一つし、左腕を大きく振り上げる。しかし、その投球はわずかに力みすぎたのか、目標地点の少し手前で地面に落ちてしまう。ボールはワンバウンドしてから石原選手のミットをかすめ、軽快なパスボールとなった。

Thumb eeee
画像=葉酸
八乙女さんはその結果に苦笑いを浮かべながらも、観客に向けて謝意を表し、次第に笑顔に変わっていく。

失敗を乗り越え、スタジアムを一つに

大役を終えて、「直前の練習では銀次さんからのアドバイスのおかげで良いボールが投げられていたのですが、ワンバウンドしてしまい悔しいです。去年のボールを超えたかったのですが、緊張してしまいました。楽天イーグルスファンの皆さんと一緒に最後まで応援したいと思います!」と述べ、その言葉は、観客からのさらなる大きな声援を引き出していた。

Thumb 22222
画像=葉酸 
この日、楽天モバイルパーク宮城で行われたセレモニアルピッチは、楽天イーグルスのファンはもちろん、Hey! Say! JUMPのファンも多数詰めかけた。セレモニアルピッチで投じた一投は完璧ではなかったかもしれないが、八乙女さんの前向きな姿勢と真摯なコメントが、スタジアムに集まった人々の心を一つにし、楽天イーグルスを盛り上げる素晴らしい一日となった。